top of page

珈琲トピックス

コーヒー抽出時の温度


皆様はコーヒーを抽出する際にお湯の温度を気にかけたことはあるでしょうか?

同じコーヒー豆を使用して、同じ抽出方法を用いたとしても、抽出に使用するお湯の温度が異なれば抽出されたコーヒーの味わいは異なったものになります。もし「お店で飲んだコーヒーと同じものを購入したのに味が違う」「コーヒーを淹れるたびに味が違って安定しない」などという場合にはもしかするとお湯の温度が異なっているからかもしれません。


ペーパードリップの場合を例にとりますが、一般的にお湯の温度が高いほどコーヒーは濃く抽出され、苦味が強くなります。反対に温度が低いほどコーヒーは薄く抽出され、酸味を強く感じるようになります。

コーヒー豆の種類や挽き目(粒度)、使用する粉量によっても異なりますし、味の好みは千差万別ですので、「コレ!」といった温度はありませんが、当店では、まず85~88℃くらいのお湯で抽出してみて毎回同じような味わいが得られるようになれば、お好みに合わせて+5~-5℃した温度で抽出したコーヒーを試してみるといった方法をオススメします。

なお、焙煎直後の豆は炭酸ガスが多すぎて味が安定しにくいため、やや低めの温度で抽出したほうが抽出しやすいと思います。また焙煎から時間が経ってきた珈琲豆の場合は、やや高めの温度で抽出した方がしっかりとコーヒーの味わいが得られます。


料理用の温度計は比較的安価で購入できますので、コーヒーの抽出を安定させたい方は是非お試しください。

Kommentare


bottom of page